1988年アメリカ・フィラデルフィアにて結成し、音楽史における代表的なR&Bグループとして、今もなお君臨し続けるボーイズIIメン。すでに世の中に浸透していたR&Bのイメージを刷新し、あらゆる世代のファンの心をつかむ不朽のヒット作を生み出し続けている。デビューから20年間余り。彼らは人々から愛される楽曲を歌ってきた。4回のグラミー賞獲得は、功績のほんの一部だ。この20年間の活動で、9つのアメリカ音楽賞、9つのソウル・トレイン・アワード、3つのビルボード・ミュージック・アワード、そして、2011年MOBOアワードでは、功労賞を獲得している。

ボーイズIIメンは、魅惑的な声で、幅広い音域の楽曲を情熱的に歌い上げ、世界中のファンを魅了してきた。記録的なアルバム売り上げ、時を超えて愛される歌声、ボーイズIIメンが人気R&Bグループとして君臨し続ける理由がそこにある。ポップスやR&Bで注目を集めているアーティストに、影響を受けた人物を尋ねると、大抵、ボーイズIIメンの名前が挙がる。ジャスティン・ティンバーレイク、アッシャーから、ジャスティン・ビーバー、ビヨンセまで、音楽界の大物アーティストにとって、ボーイズIIメンは憧れの存在なのだ。

常にチャートの上位を占めるR&Bグループとして他と一線を画し、アルバムの売り上げ枚数は、驚異の6,000万枚。この20年間、ボーイズIIメンは、心地よいハーモニーと恒久的なテーマが織りなす数々のヒット作を世に送り出してきた。
「End of the Road」、「I'll Make Love to You」、「One Sweet Day」、「Motownphilly」をはじめとする多くの楽曲が大ヒットし、近年のアルバムも、高い評価を受けている。
デッカ・レーベルからの1作目、『Motown: A Journey Through Hitsville USA(デッカ/ユニバーサル)』(2007年11月13日発売)は、グラミー賞2部門(最優秀R&Bアルバム部門と最優秀R&Bデュオ/グループ・ヴォーカル部門)にノミネートされた。そして、初の完全版ライブDVD『Motown: A Journey Through Hitsville USA – Live(デッカ/ユニバーサル、2007年12月9日発売)』も発売した。

2011年、結成20周年を記念し、その名も『Twenty』というアルバムを発表。このアルバムには、ほぼ10年ぶりとなるオリジナル曲に加え、大ブレイクの引き金となったヒット曲のセルフ・カヴァーが収録されている。『Twenty』は発売されるなりビルボード・トップ200アルバム・チャート20位、ビルボードR&Bアルバム・チャート4位、ビルボード・デジタル・アルバム・チャート10位、そして、iTunes R&Bソウル・アルバムチャート1位に輝く。そして、『Twenty』に収録されているシングル曲「More Than You'll Ever Know」は、アーバンACチャートの15位に躍り出た。

また3人は、ボーイズIIメン・ハウスという独自の慈善団体を設立し、生活の質の向上、人間の可能性の開花、そして、恵まれない人々の健康や暮らしの支援を行っている。

2012年早々、ボーイズIIメンは、ハリウッドのウォーク・オブ・フェームの星形プレートに名を刻み、OLDNAVYのテレビCMの大ヒットで同年を締めくくった。このCMでは、ジョニー・マティスが「The Jordan Knight Before Christmas」という物語を朗読するという設定で始まり、ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックのナイトが現われ、歌い出す。続いて、3人の賢者としてボーイズIIメンがドアから飛び出し、クリスマスムード溢れるハーモニーを響かせるというものだ。このCMは、一晩にして大きな話題を呼び、放送開始から1週間でYouTubeの動画再生回数は50万件を超えた。

 

ボーイズIIメンの輝かしい成功の秘密は何だろうか。「リスペクト(尊敬)だと思う。互いの能力、それぞれが持ち寄るもの、そして、人としてのお互いへのリスペクトだ」とショーンは語る。「俺たちは、互いの空間を尊重するようにしてる。呼吸をするゆとり。成長するゆとり。俺たちはボーイズIIメンである以外に、夫であり、父親であり、息子であり、兄や弟であり、コミュニティーのメンバーでもある。互いの生活を尊重し合っているから、問題も起きない。一緒にボーイズIIメンというものを築き、その中で一緒に暮らしているという自覚があるんだ」。

ショーンは今、ロサンゼルスで、妻のシャロンダ・ジョーンズと子どもたちと暮らしている。


 

ボーイズIIメンを築いた最年長メンバー。幼いころから音楽に関わり、教会で歌い、トランペットを吹いていたが、類い希なる音感の持ち主であることが判明したのは、小学校4年生の歌の授業中。音楽の先生が、先週練習した曲を別のキーで聞かせたところ、ネイザンはすぐに手を上げ、1週間前とは違うキーであることを指摘し、元のキーで歌い出し周囲を驚かせた。
 フィラデルフィアのクリエイティブ&パフォーミング・アーツ在学中に、クラスメートのマーク・ネルソンとニュー・エディションのファンである事が切っ掛けで意気投合し、その後、ネイザンが、ニュー・エディションのようなヴォーカル・グループを作りたいという夢を語り始め、それがボーイズIIメン発足のきっかけとなった。


 

ボーイズIIメンの発足時からのメンバー。有名校であるフィラデルフィア高校クリエイティブ&パフォーミング・アーツ在学中にボーイズIIメンとして活動を始めた。
セカンド・テナーであるウォンヤは、この20年、他のメンバーと共に、ボーイズIIメンを世界的なグループに育て上げ、『II』(1994年)、『Evolution』(2007年)、『Motown : A Journey Through Hitsville USA』、『Love』(2009年)など、音楽史に残るアルバムをいくつも生み出している。



ボーイズIIメンの発足時からのメンバー。テナー・ヴォーカリスト。
ボーイズIIメンとしての数々のツアーや、大ヒットアルバムの制作に加え、その音楽的才能を買われ、アカペラ・グループを競い合わせるNBCの人気番組「ザ・シング・オフ」で審査員として活躍。美声でその名を知られるストックマンは、ゴールデンタイムの顔として、専門的見解を披露する。
ショーンの深みのある歌声に支えられ不朽の名作となったアルバムには、『II』(1994年)、『Evolution』(2007年)、そして、『Motown : A Journey Through Hitsville USA』(2007年)や、『Love』(2009年)がある。